×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  コラム一覧»  山形県産の地酒は贈り物やギフトに最適!山形県産の地酒の特徴 通販で購入するなら亥子屋商店へ

山形県産の地酒は贈り物やギフトに最適!山形県産の地酒の特徴 通販で購入するなら亥子屋商店へ

お中元やお歳暮などのギフトはもちろん、誕生日や記念日などの贈り物としておすすめなのが、山形県産の地酒です。歴史が古く地元の方からも愛されている山形県産の地酒には、どのような特徴があるのでしょうか?こちらでは、通販でも人気の山形県産の地酒を贈り物やギフトとして購入する前に知っておきたい、山形県産の地酒の特徴と純米大吟醸酒についてご紹介します。

山形県産の地酒の特徴

地酒の入った徳利とお猪口

お中元やお歳暮などのギフトだけではなく、誕生日や記念日などの特別な日の贈り物として、山形県産の地酒を通販で購入しませんか?山形県産の地酒には、どのような特徴があるのでしょうか。

酒造りに適した風光明媚な土地で作られている

山形県は新潟県とともに米どころとしても有名で、毎年たくさんのお米を生産しています。そのため、独自の酒米を使って地酒を作っている酒蔵もあります。また、きれいな雪融け水も豊富で、まさに酒造りに適した土地だと言えます。

酒蔵が多い

肥沃な庄内平野が育てた美味しいお米と、豊かな雪融け水に恵まれた山形は、県内に55もの酒蔵があります。それぞれ独自の製法で酒造りを行っており、切磋琢磨しながら美味しい山形県産の地酒を造り続けています。人気ランキングに常にランクインしている酒蔵もたくさんあります。

フルーティーな地酒が多い

山形県産の地酒と言えば、ひと昔前までは淡麗辛口のものが主流でした。しかし、現在では、山形県産のお米の美味しさを活かした濃醇甘口で、ワインのようにフルーティーな香りの地酒が増えています。

地域に密着した名前が多い

山形県産の地酒のすぐに分かる特徴としては、地域に密着した名前が多いことが挙げられます。

純米大吟醸酒とは 贈り物やギフトにおすすめ

枡に入ったお米とお猪口

一口に日本酒と言っても実に様々な種類のお酒があり、製法や原料によって細部にまで分類されます。純米大吟醸酒は、「吟味して醸造する」ことを意味する「吟醸造り」で造られています。

吟醸造りはその名のとおり、よく磨いたお米を低温でじっくりと時間をかけて発酵させる醸造方法です。低温でゆっくり発酵させることで、フルーティーな「吟醸香」が生まれることが特徴です。原料は精米歩合50%以下のお米・米麹・水のみで、日本酒の中で最も高級なお酒となります。

山形県産の純米大吟醸酒は、山形県産のお米と雪融け水を使っており、お米の旨味・コク・吟醸香が織りなす極上の味わいですので、ぜひ一度ご賞味ください。

贈り物やギフトにも大変喜ばれる山形県産の地酒は、亥子屋商店の通販でお買い求めいただけます。山形県産のお米の旨味を活かした純米大吟醸酒や、しぼりたてならではのフレッシュな味わいの生酒など、様々な山形県産の地酒を取り揃えています。

ご家庭での晩酌用としてはもちろん、お中元やお歳暮などのギフトにも最適ですので、ぜひ亥子屋商店の通販でお買い求めください。

亥子屋商店が販売する米沢牛や山形牛などの和牛や、山形県産の地酒はすべて、九州・沖縄・一部離島などの一部地域を除き、全国送料無料でお届けさせていただきます。

亥子屋商店では通販で山形県産の地酒をご用意

米沢牛や山形牛などの和牛や、山形県産の地酒を通販で扱う亥子屋商店では、九州・沖縄・一部離島などの一部地域を除き、すべての商品を全国送料無料でお届けいたします。遠方にお住まいの親戚や友人にギフトを贈りたいけれど、送料が高くて躊躇してしまうという方も、お気軽に山形県産の地酒や和牛をご注文ください。

山形県産の地酒を贈り物に選ぶなら亥子屋商店へ

店舗名 亥子屋商店
会社名 有限会社亥子屋商店
代表 高橋 信夫
住所 〒999-0122 山形県東置賜郡川西町中小松2862
TEL 0238-42-2526
FAX 0238-33-9583
メールアドレス info@inokoya.jp
URL https://www.inokoya.jp/
営業時間 8:00~19:00
定休日 陽cafeのみ水曜日定休
駐車場 有り(7台)
お支払い 店舗:現金のみ
ネットショップ:カード決済、代引きをお選びいただけます。
未成年者への酒類の販売はいたしておりません

未成年者への酒類の販売はいたしておりません

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。
お酒は楽しく、ほどほどに。飲んだあとはリサイクル。
当店では20歳未満と思われるお客様の場合、必ず年齢確認をさせていただき、未成年者へお酒を販売しないように取り組んでいます。